HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

昭和43年6月 (有)電気炉サービス設立
米国ハーショ社製ニッケル触媒の輸入販売を開始
昭和45年11月 熱処理ジグの製造販売を開始
太平金属工業(株)の代理店として耐熱鋳鋼製品の販売開始
昭和47年2月 工業炉のメンテナンスの受注開始
昭和47年12月 株式会社に改組
昭和48年8月 東京都江戸川区に於いてステンレスの溶接工場をスタート
昭和55年2月 千葉県船橋機械金属工業団地内に溶接工場を移転
昭和56年2月 長瀬産業(株)の特約店となり、水溶性焼入添加剤UQの取扱開始
昭和56年7月 資本金2600万円に増資
昭和61年11月 船橋工場の設備の充実を図る為にB棟を改築
平成9年7月 吉田和夫 代表取締役に就任
平成10年7月 CRONITE社の代理店となり耐熱鋳物の輸入販売を開始
平成16年9月 船橋機械金属工業団地内に船橋第2工場を新設
平成17年12月 CRONITE社と総代理店契約を締結
平成22年3月 (株)ヤマザキ電機と資本提携
平成29年6月 創立50周年を迎える
平成30年10月 頂崎炉(上海)有限公司 設立
令和元年6月 名古屋営業所 開設
▲PAGE TOP